カウンセリングルーム こころ音|ゲーム依存、恋愛依存、失恋|千葉・西船橋 

menu

カウンセリングルーム こころ音

傷ついた心のありか。

大切な彼に振られて傷ついた時、

「なんでそんなに酷いこと言うの!?」

って、あんなに優しかったじゃない!

って、思う時があると思います。

 

「傷ついた」「傷つけられた」ことって、

擦り傷のように、

体の一部が擦り切れて痛いわけじゃない。

 

だけど、こころに体と同じように傷ができて、

文字通り痛いんです。

胸がギュッと締め付けられるような、

胸のズキズキとするような痛みがあります。

 

この痛みがあるとき、

どうしようもないこの痛みを感じ、

こころを無くしたいと思うほどに、

痛いんです。

 

この「傷ついた」こころは、このときに、

いろんなこころが働いていて、

この傷ついたこころを生み出しています。

 

振られてショックを受けている「こころ」

本当はもっと一緒にいたかった。

隣で笑っていたかったのに、

それができなくなった悲しい「こころ」

生活の一部であり、

自分の一部でもあった彼との繋がりが失われ寂しい「こころ」

「いつまでもうじうじしててもしょうがない!」

と、忘れさせたり、諦めさせようとする「こころ」

ひどいことを言われて、

「そんなこと言う必要ないでしょ!」

「私だって、一生懸命だったのに!」

「なんであんただけ!」

と、怒る「こころ」

 

このように傷ついたこころには、

ショックを受けたこころ

失った将来を悲しむこころ

ひどいことを言われて怒るこころ

諦めたいさせようとするこころ

繋がりを失って寂しいこころ

がいることが多いのです。

 

傷ついたこころを癒していくには、

一つひとつのこういった「こころ」に対して、

取り組み、それぞれの心の声を聞いていくこと。

これがとっても大切になってきます。

 

それぞれのこころは、まるっと全部、

あなたのことを思って働いてくれています。

そんな自分のこころたちに気づいた時、

少しずつ、傷が癒えていきます。

全部じゃなくても、

これまであげた心の一つに気づいていくだけでも、

心がちょっと軽くなってきます。

 

カウンセリングは、

そんなプロセスをお手伝いするひとつの選択肢です。

野川  仁
元引きこもりの心理カウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってもらうべく、日々奮闘中。理想への道のりはまだまだ長い!

お読みいただいてありがとうございました!

『無料メルマガ:この心に雨が降ったら読むセラピー』

心が晴れるように、ちょっとしたヒントや、ちょっとでも気持ちが晴れるようなことを書いています。
今、あなたの心に雲がかかったり、雨が降っていても大丈夫。心はきっと晴れますよ。
・サイトの更新情報のお知らせ。
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

メルマガの登録はこちら!

■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると、とっても励みになり、嬉しいです(^-^)
心理学 ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

 LINK

一般社団法人日本心理カウンセリング協会

横浜実践心理学教室

グリーフケアカウンセリング