カウンセリングルーム こころ音|ゲーム依存、恋愛依存、失恋|千葉・西船橋 

menu

カウンセリングルーム こころ音

大好きだったから、
先の未来も考えてきたし、
自分なりに一生懸命頑張ってきた。

大好きだった人が突然他人になったかのうように、
昨日までの日々が嘘だったかのように、
いつも隣に手を握っていた人がいない…。

それはとっても寂しくて、
とっても心細くて、
とっても悲しい…。

あの手のぬくもりを、
あなたに向けられていた笑顔を、
もう2度とあんな風に自分に笑いかけてくれない…
そんなことを思うと、胸が張り裂けそう…。

もう一緒に笑って、
その瞳にやどる愛を感じる事も、
それに微笑んで返す事もできない。

何より一緒に声を上げて笑うことも。
こんなことがあったんだよ!って言いたくても、
そんな時間や気持ちを共有したくても、出来ない…。

それって、やっぱり苦しいよね。
やっぱり、辛いよね。

でもやっぱり大好きだったからこそ、
その苦しさや辛さは、深く深く心をぎゅっと締め付けて、
悲しくなる…。

失恋には、そんな痛みが、見えない心の痛みが、ずきずきして、
胸の奥をえぐるように、それこそ吐きそうになるくらい、
気分がわるくなって、何も手につかなくなる力があります。

その痛みとずっと一緒にいると本当に苦しいんです。

だから、その失恋の痛みや悲しみや、後悔などの気持ちを癒していくには、
少しだけ時間が必要です。

失恋直後はまずは、悲しんでいいんです。
おもう存分泣いてください。
だって、それほど好きだったんだから。
それは涙がでるよ。
悲しいよ。
苦しいよ。

我慢しないで、それを感じて下さい。

悲しんでいい時期があるんです。
泣いていい時期があるんです。

失恋直後はそんな為です。
何より自分の為に泣いてください。
こころが泣いているんですから。

急に寂しくなる時もあるでしょう。
そんな時は、友人や家族に話を聞いて寄り添ってもらってください。
悲しいこと、悔しいこと、苦しかったこと、こうしたかった未来のこと。

いろんなことを話してください。
自分が乗り越えるために話してみてください。

誰かに自分の痛みを言えるっていうことは、
乗り越える為の一歩になります。

そしてそれを受け止めてもらうということも、
もちろんその一歩になります。

自分の弱みを、嫌な気持ちを、醜い部分も、
出していいんです。

相談するのに、抵抗があるの人もいると思うけれど、
実は、みんな誰かの役に立ちたいし、
必要とされたいんです。

相談することは、相談した人の愛を引き出すこと。
だから頼っていいんだよ。

そんなことを僕は以前大切な友人に言われました。

そう、頼っていいんです。

実は、みんなあなたの力になりたいんです。

だから、勇気をだして話してみてください。
それだけでも、一歩です。

まずは誰かに話す事からです。

もちろん、話したくなったらで構いませんよ。
笑い話できる日も、傷ついたことを人にいうことも、
苦しかったことを人にいうことも、
その渦中にいる時は難しいんですから。

でも、自分のためにちょっとでも話してみることは、
とっても大事なのですよ。

もし、周りに話す人がいない、
いても話す気になれる人がいないなら、
話にお越しくださいね。

お読みいただいてありがとうございました!

『無料メルマガ:この心に雨が降ったら読むセラピー』

心が晴れるように、ちょっとしたヒントや、ちょっとでも気持ちが晴れるようなことを書いています。
今、あなたの心に雲がかかったり、雨が降っていても大丈夫。心はきっと晴れますよ。
・サイトの更新情報のお知らせ。
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

メルマガの登録はこちら!

■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると、とっても励みになり、嬉しいです(^-^)
心理学 ブログランキングへ

投稿者プロフィール

野川  仁
野川  仁
元引きこもりの心理カウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってもらうべく、日々奮闘中。理想への道のりはまだまだ長い!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 LINK

一般社団法人日本心理カウンセリング協会

横浜実践心理学教室

グリーフケアカウンセリング