カウンセリングルーム こころ音|恋愛、失恋、人間関係の悩み、グリーフケア|千葉・西船橋 女性専門

menu

女性専門 カウンセリングルーム こころ音

カウンセリングの特徴

感情に焦点を当てたカウンセリング

多くの人は、 起きてしまった出来事自体で悩むわけではありません。
その出来事を通して起きた、どんなに悲しかったかや、どんなに嫌だったか、どんな寂しかったかなどの気持ち(感情)を”どうしようもできなくて” 悩む方がほとんどです。
そこで当ルームでは、その気持ちのわだかまりを解消し、 前に進めるように、気持に焦点を当てたカウンセリングを行っています。

今に焦点を当てたカウンセリング

過去に何があったとしても、悲しかったり、傷ついたり、怒ったり、もっと自分に自信を持ちたい、もっと自分を好きになりたい!と感じているのは”今”です。 たとえどんな過去があったとしても、人は”今”を生きています。 その”今のこころの苦しみ”をあなたが乗り越えられるように、今のあなたの気持ちに寄り添い、 その気持ちが流れていき、少しでもその苦しみがなくなるようにサポートします。

話を聞くだけではなく、乗り越える取り組みを。

自分の話を十分受け入れられて、人は前に進もうとする気持ちが湧いてくることもありますが、 それだけでは不十分なケースも多くあります。
その為、こころ音では、話を聞くだけではなく、

・悲しみは感じ、癒す取り組みを。
・怒りには、発散して解消する取り組みを。
・失望には、卒業を。
・自責や罪悪感には許しを。
・悲しみのショックには、安定する取り組みを。
・諦めたい気持ちと、諦めたくない寂しさには、両方の気持ちを丁寧に感じる取り組みを。
・自分の気持ちを客観視する取り組みを。

こういった取り組みをあなたと一緒に行い、丁寧にあなたの気持ちと大切に向き合っていきます。

グリーフケアアウンセリング

こころ音では、グリーフケアカウンセリングも行っております。
大切な人を失った悲しみにより、
「心」には罪悪感・後悔・感情の鈍麻、喪失感、慕情、怒り、悲しみ、切なさ、孤独感、
「身体的」には、疲労感、動悸、睡眠障害、倦怠感、食欲減退、
「行動面」では、急に涙がでてくる、鬱、思い出の品から離れる、意欲の低下など、
心・身体・行動面で様々な症状を呈します。

その為、まずは、死別による悲しみで起る事の知識を持つこと、
悲しみなどの気持ちとゆっくりと向き合う事が大切です。
顔を上げるには時間や自分の気持ちを労わりことが大切になってきますが、
失ってしまった方への気持ちも同時に強くありますので、両方の気持のケアを行っています。

あなたのペースで丁寧にカウンセリングを行います。

あなたの歩みのペースでカウンセリングを進めますので、まだ時間が必要な方には、その準備が整うようにサポートし、悲しみを乗り越える準備が整った方に関しては、 その悲しみを乗り越えられるように、サポートをします。人それぞれ乗り越えていくには、 ペースがありますので、あなたのペースを大切にしています。

どうぞお気軽にご相談くださいね。

カウンセリングとは?  カウンセリングお申込はこちら      

 LINK