カウンセリングルーム こころ音|親子問題、恋愛、失恋、グリーフケア|千葉・西船橋 女性専門

menu

女性専門 カウンセリングルーム こころ音

だから、オウム返さない傾聴講座!開きました。

ども!野川です。オウム返し

僕は毎週(土)横浜で、実践心理学教室を行っています。実は!
そして、今日はその講義の日でした。(^-^)

テーマは「傾聴」です。

傾聴とは、心をけてくということ。
そして、その傾聴スキルの中にオウム返しというスキルがあります。

あなたは聴いたことがありますか?オウム返し。
相手の言葉の語尾や単語を繰り返すということです。

人がコミュニケーションする時に、実は自然にやっている時があります。

あなた「いやぁ、本当に試験勉強嫌だよな…。」
相手「そうだよね、ほんと試験勉強嫌…。」
あなた「だよね…。もうさ、勉強なんてする意味あるのかな。」
相手「勉強する意味ね~…。」

といったように、相手の語尾や単語を繰り返す事をオウム返しと言います。
これによって、相手が話を聞いてくれていると思ったり、
客観的に自分の言葉を相手から聞く事で気づきにつながったりすることがあります。

その為、傾聴を学んだりするとこのオウム返しの練習をしたりするのですが、
実はあんまりこれ使いません(^^;

というのも、このオウム返し使い方を間違えるとわざとらしいし、
本当にオウムなの!?と相手に思われてしまいますし、
何よりも、オウム返しよりも大切なことって、聞く上で沢山あるからです。

じゃ、その大切なことって何なの?

というところを、だからオウム返さない傾聴講座!

では実践を交えてお伝えしてきました。!(^^)

そのオウム返さない理由の一つは、話を聞く上で、
特に悩み相談の場面では、オウム返しを選択するよりも、
ねぎらいが大切だからです。

「昨日、彼と別れてもうこれからどうしたらいいかわからない…。」
と、相手が伝えてくれた時に、
「そっか、彼と別れてこれからどうしたらいいかわからないんですね…。」
というのではなくて、もっと別にいうことがあるということです。

例えば、まだ別れてばっかりなのに、
正直にそんなことをいってくれたことに対して。

例えば、ひとりで抱えずに、そんな悲しみの中、話してくれたことに対して。

僕たちは声を掛ける事ができます。

それは、決してオウム返しではないのです。
今日はそんなお話をさせて頂きました。

そして、こんな感想をいただきました!

だからオウム返さない傾聴講座!感想 だからオウム返さない傾聴講座!感想 だからオウム返さない傾聴講座!感想

さてさて、横浜で毎週(土)にいろんな講座をやっています。

詳しくはこちらをご覧くださいね。
ちなみに次回11/19(土)は3色パステルアートで、クリスマスの絵ハガキ作りです。(^-^)
どうぞお気軽にお越しくださいね。

野川  仁
「カウンセリングルーム こころ音 カウンセラー」
◇社団法人日本心理療法協会 認定 心理カウンセラー1級
◇横浜実践心理学教室 講師 
元引きこもりのカウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い。
心に雨が降ったら読むセラピー
■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると嬉しいです(^-^)
心理学 ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

 LINK

横浜実践心理学教室

グリーフケアカウンセリング