カウンセリングルーム こころ音|ゲーム依存、恋愛依存、失恋|千葉・西船橋 

menu

カウンセリングルーム こころ音

当たり前に別れを告げる日を持とう!

当たり前、当たり前。
ある時、姉が僕が2年働いていた時、
「お前、2年ももう働いてんの!?すごいじゃん!」と、
本当に驚いた顏で言ってきた。

そして、それに対して母は、
「何言ってんの!?たかだか2年じゃない普通よそんなこと。」
って返すと、
「いやぁ、そうだけどさ。でもひとしが2年だよ。」
って答える姉の表情は、感慨深げでどこか嬉しそうだった。

それを聞いた僕は、
「あ~、ずっと心配してくれていたんだ。」
「たかだか2年続いただけで、こんなに喜んでくれるんだ。」
って思うと、妙に嬉しく、照れ臭かったのを今でも覚えています。

”当たり前”

とされることって世の中にた~くさんある。
例えば、太陽は東から昇り、西へと沈むとか。
働くことだって。
生きることだって。
学校へ行くことだってそうだ。

でも、その”当たり前”と言われることって、
実は当たり前じゃないことだって沢山ある。

当たり前だと思うと、
多くのことを見逃してしまう。

親が生きているのも。
自分が生きているのも。
友だちがいるのも。
働けているのも。
歩けているのも。
暮らせているのも。
生きているのも。
ご飯を作ってくれる人がいるのも。
自分の服が買えることも。
勉強ができることも。
小さなご褒美が買えることも。
友だちと話ができることも。

どれもこれも、本当は当たり前じゃないかもしれない。

”当たり前”って目で物ごとをみると、感動がなくなって、
すべてが日常になってしまう。

だってそんなん当然じゃん。
って、そうなってしまう。

”当たり前”って目で物ごとをみると、
今起きていることに、留まれなくなって、
人生に立ち止まることが出来なくなってしまう。

すると、人生がすぐに過ぎてしまう。

これまでやってきたことも、
これからのことも、
きっと当たり前じゃない。

”たまに”は、そう考えてみよう。

”いつも”だと、それも”当たり前”になるから、たまに。ね?

野川  仁
元引きこもりの心理カウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってもらうべく、日々奮闘中。理想への道のりはまだまだ長い!

お読みいただいてありがとうございました!

『無料メルマガ:この心に雨が降ったら読むセラピー』

心が晴れるように、ちょっとしたヒントや、ちょっとでも気持ちが晴れるようなことを書いています。
今、あなたの心に雲がかかったり、雨が降っていても大丈夫。心はきっと晴れますよ。
・サイトの更新情報のお知らせ。
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

メルマガの登録はこちら!

■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると、とっても励みになり、嬉しいです(^-^)
心理学 ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

 LINK

一般社団法人日本心理カウンセリング協会

横浜実践心理学教室

グリーフケアカウンセリング