カウンセリングルーム こころ音|ゲーム依存、恋愛依存、失恋|千葉・西船橋 

menu

カウンセリングルーム こころ音

心のメッセージを聞く。

心は一つではなく、色んな気持ちで出来ている。

私たちの心の中には、色々な気持ちがあります。
そして、そんないろんな気持ちが合わさって、
あなたという大切な一人の人間を創り出しています。

多くの人は気持ち(感情)=自分として捉えがちですが、
気持はあなた自身ではありません。

気持はあなたの一部なのです。
これを心理学ではパート(部分)と呼びます。

こころは、いろいろなパートで出来上がっているのです。

こういったように、様々なパートが私たちの心の中にあるのです。

カウンセリングでは、こういった一つ一つのパートの中で、
あなたが問題だと感じているパートに取り組むことがあります。

例えば、ついつい自分を責めてしまうパートや、
怒りを感じてしまうパートや、悲しみを強く感じるパートです。

そのパートとコミュニケーションを取り、
そのパートが伝えたいことを受け取ったり、聞く取り組みをするのです。

パートは、あなたの為に動いてくれている。

そしてパートにはあなたの為に働いてくれています。
泣きたくない、悲しみたくない、イライラしたくないとたとえあなたが感じていても、
それは、悲しませることでイライラすることで、そのパートがあなたに伝えたい肯定的なメッセージがあるのです。

それを説明する為に、まずは私たちが生まれた時のことを例に出しましょう。

私たちは生まれた時しゃべることができませんから、
泣くこと以外に自分の気持ちを伝える手段がありません。

その為、泣くことで「お腹が空いた。」「おむつ変えて。」「抱っこして。」と、
お母さんや家族に伝えるのです。

そこで、その期待したことが伝わらないと、余計に泣いたりしますよね。
それは、期待したことが伝わっていないからです。
一方で期待したことが伝わると、
赤ちゃんは、満足して泣き止みますよね。

それは、泣くということで”意図(期待)”が満たされたからです。

そう、僕たちの行動の背景には意図(期待)があるのです。
(条件反射なのどの反射的行動は除きます)

僕たちの気持ちが動く時、そこには大切なメッセージが隠れています。
つまり、何かその気持ちを通して、パートがあなたに伝えたいメッセージがあるのです。

もし、そのメッセージを聞くことが出来たら、気持はおさまるのです。
そう、赤ちゃんが「分かってくれた。」と思ってほっとするように。

しかし、僕たちは自分の気持ちを感じないようにしたり、気晴らしをしたりして、
その気持ちから離れ、自分の心といる時間や、メッセージを聞く時間があまりありません。

そこでお悩み相談では、あなたが自分といれるように、その心のメッセージを受け取れるように、
丁寧に時間をかけてサポートしています。

勿論、お一人でもそのメッセージを聞くことはできますので、そのやり方はこちらの記事をご覧くださいね。

自分をいたわる

感情のケア

認知の歪みに取り組む

 LINK

一般社団法人日本心理カウンセリング協会

横浜実践心理学教室

グリーフケアカウンセリング