カウンセリングルーム こころ音|ゲーム依存、恋愛依存、失恋|千葉・西船橋 

menu

カウンセリングルーム こころ音

罪を償う勇気。前を向く勇気。

  • 2018
  • 罪を償う勇気。前を向く勇気。 はコメントを受け付けていません。

『罪を償う勇気。前を向く勇気。』

罪を償う勇気。前を向く勇気。

罪悪感は、僕たちの心をむしばみ、
「罪深いことをしてしまった。」

「許されないことをしてしまった。」

「自分を許す事なんて到底できない。」
そう自分を責めて、
「だから自分は、楽しんではいけないのだ。」

「だから自分は、笑ってはいけないんだ。」

「だから自分は、この重荷はもっていなければいけないのだ。」
と僕たち自身を罰します。
罪を償うこと。

それはとても大切なことです。
でも、自分を罰し続けるのはとてもつらいものです。

僕もさんざん自分を罰し続けてきましたから(^^;

自分を罰する気持ちは、少しはわかっているつもりです。
自分を罰したいときもありますし、

それが必要だと感じる時もありますから、

僕は罪悪感を感じていてもいいと個人的には感じています。
ただ、あまりにも辛い場合や、

罪悪感にふさぎ込んでいる時は、

少し視点を変えてみてもいいんじゃないかなって、

そう思うのです。
それは、「自分を罰することで償う」こと以外にも、

償い方はあるからです。
自分を罰して、自分の痛みを当然だと引き受け、

自分にあらゆる楽しみを禁止する。

つまり罰を受けることで償うこと。
それも一つの方法ですが、

そうやってただ痛みを受けて何もしないという選択をするより、

顔を上げて、前を向こうとして、

償おうとすることも、

一つの償いじゃないのかなって、

僕は思うのです。
「ただ受ける」という選択よりも、

積極的に償う為に「何かをする。」という行動の方が、

きっともっと辛いのですから。
そして、「痛み」をずっと抱えて続けることで、

自分がしてしまったことを思い出し、

相手と同じ痛みを感じる続けることも一つの償いでしょう。
でも、もしかしたらそれは相手の痛みというよりも、

自分だけが感じている痛みかもしれない。
相手の痛みはわかりません。
そして、相手はとっくにあなたのことを許しているかもしれません。

それなのに、自分は持ってなきゃいけないのだ。

と思っていることは、もしかしたら相手のことを考えてなくて、

自分のことだけ考えているのかもしれません。
それは、相手はもう許していて、

相手は、もしかしたらあなたがその痛みを感じていることで、

前に進みづらいと感じているかもしれないからです。
ずっと痛みを抱えているよりも、

相手の方を向いて、

相手が幸せになるように、

ごめんなさいと、ありがとうの気持ちを込めて、

相手の幸せを毎日祈ることもまた償いなのではないかなって、

僕はそう感じるのです。
罪を償うのにも勇気がいる。

前を向くにも勇気がいるの。
痛みを感じることで償うことも、

痛みを感じつつも、償おうと前を向くことも、

痛みを降ろして、相手(自分)の幸せを願い償うことも、

僕たちはできるのだ。

野川  仁
元引きこもりの心理カウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってもらうべく、日々奮闘中。理想への道のりはまだまだ長い!

お読みいただいてありがとうございました!

『無料メルマガ:この心に雨が降ったら読むセラピー』

心が晴れるように、ちょっとしたヒントや、ちょっとでも気持ちが晴れるようなことを書いています。
今、あなたの心に雲がかかったり、雨が降っていても大丈夫。心はきっと晴れますよ。
・サイトの更新情報のお知らせ。
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

メルマガの登録はこちら!

■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると、とっても励みになり、嬉しいです(^-^)
心理学 ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

 LINK

一般社団法人日本心理カウンセリング協会

横浜実践心理学教室

グリーフケアカウンセリング