カウンセリングルーム こころ音|親子問題、恋愛、失恋、グリーフケア|千葉・西船橋 女性専門

menu

女性専門 カウンセリングルーム こころ音

祈りの力。

今日は、友人のお母さんが手術の日でした。
人生、生きていればいろんなことがあります。

大切な人が病に倒れる日も、 そんな苦しんでいる姿を見る日も、
見なくてはいけないという日も、 支える日も、支えられる日も。

人生にはいろんな日が来る。

 自分ではどうしようもできないことが起きた時に、
僕たちは、その人のことを祈る事しかできない時がある。

「少しでも良くなりますように。」 「うまくいきますように。」 「〜さんの願いがきっと届きますように。」 そんな祈る事しかできない時が。

 正直僕は、祈ったことがあまりない。 誰かの為に祈った経験があんまりない。
祈ったって意味がないと、 そんなことを思っていた。

 でも、そんなことはないんだと最近思うようになりました。
目の前の人が苦しんでいる姿を見て、 自分にはもうどうしようもなくて、
何にもできないとわかった時、 思いを込めて祈ることは、 もしかしたら届かないかもしれないけど、
それは相手に気持ちを向けること。  

カウンセリングの先生に こんなこと教わったのを今でも覚えています。
「いかに相手の人に意識を向けられるか」 理解するとはそういうことだと、教わりました。

祈ること。 それはいかに相手に気持ちを向けられるか。
祈りは、何だか他力本願というイメージがあったけど、
全然そんなことはないんだと今は思う。

祈りが届くかも、届かないかもわからないけど、
相手に気持ちを向けて、気持ちを込めることはできる。

そして、自分にできる限界を知っているからこそ、 祈ることができるんだと思う。

祈りには愛があるなと思うこの頃です。  

そして人に対して祈ることが出来るように、 自分に対しても祈ることができたら、 きっといいなと思います。

「私が幸せでありますように。」 「私が私に気づけますように。」と。  

P.S 友人のお母さんの手術は無事成功したそうです。 本当に良かった。    

野川  仁
「カウンセリングルーム こころ音 カウンセラー」
◇社団法人日本心理療法協会 認定 心理カウンセラー1級
◇横浜実践心理学教室 講師 
元引きこもりのカウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い。
心に雨が降ったら読むセラピー
■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると嬉しいです(^-^)
心理学 ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

 LINK

横浜実践心理学教室

グリーフケアカウンセリング