カウンセリングルーム こころ音|親子問題、恋愛、失恋、グリーフケア|千葉・西船橋 女性専門

menu

女性専門 カウンセリングルーム こころ音

悲嘆を乗り越えるには、それぞれの時間が大切。

大切な人を亡くした時というのは、
青天の霹靂であり、「何で何で・・・?」
というショックが襲ってきて、何が起きたのかわからずに、
そんな事態が信じられないこと、信じたくないことと共に、
大きな、大きな…、悲しみが襲ってきます。

ショックが大きすぎて、悲しみが前面にでるショック状態になります。
そして、故人を偲び、寂しい気持ちが同時に湧き上がってきます。

「なんで、なんで死んでしまったのか…。」
「もう会えないの・・・?」

という大きな、大きな悲しみと寂しさが”悲嘆”と呼ばれる状態です。

あまりにも予想外で、そしてショックが大きいために、
体がある種のストレス反応を起こしています。

涙を流させて、なんとかその時を乗り越えようとします。
そして、その涙は自分の為ではなく、
如何に大切だったのかを教えてくれます。
如何にその方にあなたが気持ちを向けてきたのかを、
その涙は教えてくれます。

そうはいっても…、その悲しみはすぐには癒えません。

自分の中の一部が失われてしまったかのような、
そんなこころにぽっかりと穴が開くような、
そんなお気持ちも出てきます。

そんな気持ちを感じていると、
「もういないんだ…。」
という思いが出て来て、さらに悲しくなってしまったり…。

「また会いたいんだよ…。ねぇ、会いたいよ…。」

と寂しくなったり…。

そんな気持ちの波に圧倒されてしまう時がありますが、
それは仕方のないことです。

それほど大切な人を亡くしてしまったのですから。

日本には喪に服する。

という言葉があるように、故人を悼む大切な時間があります。
それは、思い出を大切にし、寂しくもあり、悲しくもあり、
時に怒りを感じ、それでもやっぱりどうしようもなく、
涙を流す時もある。

そういう時間が今は亡き故人を偲ぶ大切な時間であり、
その悲嘆を乗り越えるための大切な時間なのだと思います。
悲しんでいいんです。
悲しくていいんです…。

いつまで悲しんでいるのという方がいますが、
その悲しみがいつ癒えていくのかは、
それこそ、それぞれの大切なタイミングがあるのです。

その大切なタイミングまで、
前に向きたいとあなた自身が思えるまでに、
あなたなりに丁寧に時間をかけてください。

最後に、そんな想像もできないほどの大きな悲しみに打ちひしがれて、
何もやる気が起きない時もあるでしょう。
悲しみに圧倒されて涙が止まらないときもあるでしょう。
時に、何か動いていないと落ち着かず、動く事で悲しみを振り払うときもあるでしょう。

いずれにせよ、そんな大変なことがありながらも、
なんとか耐えているご自分を労わって下さい。

そして、支えてくれる人たちとの心の触れ合いを大切にしてください。
あなたと同じように、支えているひともまた、
愛するあなたが打ちひしがれている姿をみるのは辛いのですから。

何とも言えない寂しさや、悲しみが襲ってきた時は、
両腕を自分の肩を、自分を抱きしめるようにして持ち、
ポンポンポンと、子供をあやす時の、寝かせる時のような、
そんな優しさやリズムをもって、叩いてあげて下さい。

そして、その自分の手の温もりを感じてください。

きっと落ち着いてくるはずですから。

お読みいただいてありがとうございました!

『無料メルマガ:この心に雨が降ったら読むセラピー』

心が晴れるように、ちょっとしたヒントや、ちょっとでも気持ちが晴れるようなことを書いています。
今、あなたの心に雲がかかったり、雨が降っていても大丈夫。心はきっと晴れますよ。
・サイトの更新情報のお知らせ。
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

メルマガの登録はこちら!

■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると、とっても励みになり、嬉しいです(^-^)
心理学 ブログランキングへ

投稿者プロフィール

野川  仁
野川  仁
元引きこもりの心理カウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってもらうべく、日々奮闘中。理想への道のりはまだまだ長い!

関連記事

コメントは利用できません。

 LINK

横浜実践心理学教室

グリーフケアカウンセリング