カウンセリングルーム こころ音|ゲーム依存、恋愛依存、失恋|千葉・西船橋 

menu

カウンセリングルーム こころ音

悲しい時は、思いっきり泣く。

悲しみに触れるたびに、

その気持ちが生じた背景に想いを馳せ、

「そりゃ、苦しいよ」って、つくづく思います。

悲しみにもいろいろあって、
自分が望んだことが手に入らず、諦めないといけない悲しみ。

もう一生会う事が出来ない、喪失感。

何でこんなことになってしまったのかという、変えられない悲しみ。

そこから生じる苦しみ。失望。

悲しみには、いろんな気持ちが絡まり合っている。

そして、悲しみの一番の処方箋は「泣く」ことです。しかも思いっきり。

こころゆくまで泣く事です。

悲しさを我慢せずに、唇をぐっと噛んで堪えずに、泣く事です。

でも、そうはいってみ悲しい時に泣けない時もまた人にはあるんです。

泣きたいのに、泣けない時は、あなたにとってその出来事があまりにもショックが多すぎる為、

あなたの心が壊れてしまわないように、もうそれ以上こころの痛みを感じないように、こころが

あなたを守ってくれているんです。

だから、何も感じないんです。正確にはこころの奥では”泣き叫ぶ気持ちがある”んですが、

それを今はまだ時期じゃないと、こころがあなたを守ってくれているんです。

泣けない時は、泣く時ではないかもしれないです。

そのショックの時期をなんとか乗り切り、ほっとした時にふと、涙が流れる時もあります。

「わけがわからない、なんだんだこれは!」

そう思うかもしれないけれど、そんな時は、そのまま涙を止めないで、泣いてください。

悲しみを受け入れるプロセスは、様々ですが、まずは自分が悲しいと受け入れ、

いっぱい泣く事です。自分の気持ちに正直に。

僕も沢山沢山泣きました。(まぁ、泣き虫なんですが・・・(汗)

一人で泣けない時は、隣にただただ悲しみを聞いてくれる人がいたら、あなたの心もきっと緩むと、

そう思います。

ある時に、辛いですと、そう涙する子に、その頬を伝う涙のあたたかさを感じて、

その涙に口があったら、なんていうと思いますか?

と、そう聞いてみたら、「ありがとう。」っていっていると言った人がいました。

人は悲しいから泣くけれど、その悲しみを乗り越えたいからなくんだと、そう思います。

ひとしきり泣いたら、変えられないものは変えられないと、諦めるか、

過去のそういった出来事から、決別し、新たなスタートを切るかのいずれかで、人はまた前に進み始める、そんな気がします。

野川  仁
元引きこもりの心理カウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってもらうべく、日々奮闘中。理想への道のりはまだまだ長い!

お読みいただいてありがとうございました!

『無料メルマガ:この心に雨が降ったら読むセラピー』

心が晴れるように、ちょっとしたヒントや、ちょっとでも気持ちが晴れるようなことを書いています。
今、あなたの心に雲がかかったり、雨が降っていても大丈夫。心はきっと晴れますよ。
・サイトの更新情報のお知らせ。
・メルマガだけの記事が沢山あります。
・メルマガ読者様にしか流さないお得情報も配信!

メルマガの登録はこちら!

■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると、とっても励みになり、嬉しいです(^-^)
心理学 ブログランキングへ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 LINK

一般社団法人日本心理カウンセリング協会

横浜実践心理学教室

グリーフケアカウンセリング