カウンセリングルーム こころ音|親子問題、恋愛、失恋、グリーフケア|千葉・西船橋 女性専門

menu

女性専門 カウンセリングルーム こころ音

後悔は、学ぶ為。悲しみは、大切さを感じる為。

「あの時にもっと好きって伝えていたら…。」
「あの時に気づいていたら…。今も…。」
そんな気持ちが湧き上がってくることがあります。

「あの時こうしていれば…」

こころが悔やんで悔やんで、前を向かない。
何であの時に一言「ありがとう」って言えなかったんだろう。

なんであの時に、あんなくだらないことで喧嘩して意地を張ったんだろう…。
なんであの時に…。という後悔はどうしようもなく私たちを苦しめます。

失って初めて分かった大切さ。

後悔には悲しみが伴います。

何であの時こうしなかったんだろう…。こうしたかったな…。
という気持ちは、失って初めて気づく大切さでもあります。

そう、失ってしまったからこそ、その大切さに気づき、
もうそれが戻ってこないからこそ、悲しいのです。

「あぁ、なんでこんなになってしまったんだろう…。」
「もうあの時の関係は戻ってこないんだな…。」
「また笑ったりすることはできないんだな…。」

そんな悲しみが後悔には伴っています。
悲しみは、あなにとってその関係が如何に大切だったかを教えてくれているのですここ。

大切だったからこそ悲しいのです。

もう二度と同じことを繰り返したくない…。

悲しみと同時に、反省も繰り返します。

「なぜあの時に…。」「もっとこうしたらよかったのに…。」

そういった気持ちが湧き上がってきて、
「あ~もうなんであの時、たった一言声を掛けなかったんだ!」
と、あたまをかきむしりたくなるほどの気持ちが湧いてきます。

こころがあなたに反省させているのは、
「もう二度と繰り返してほしくないからです。」
あなたが苦しんで欲しくないからです。
もう同じことを繰り返してほしくなくて、
「その出来事を忘れずに、学んでほしい。」という願いがあります。

後悔は、学ぶため。悲しみは、大切さを感じるため。

そう、「あの時にこうしていれば…。」という後悔は、
もうあんな思いをしてほしくないから、心が心配してくれているのです。

「あの時は自分ができる最善じゃなかったかもしれない。だけど、できることはやった。」
「今は、成長してきっと違う対応ができるから、もう大丈夫だよ。ありがとう。」

と、反省する心に伝えてあげてください。

悲しみは、失ってしまった大切なものを思い出させてくれて、
その失ったものとのつながりを感じて安心してほしい。と願っています。

「そっか、悲しいよね。大好きだったから、大切だったから…。」
「教えてくれてありがとう。一生懸命自分なりにやってきたもんね。」
「去っていくのは、うまくいかなかったのはつらいよね。」
「大丈夫、私は離れていかないから、あなたと一緒にるから。一緒にいるよ。」

と、後悔するこころに伝えてあげてください。

きっと心が落ち着いてくると思います。

野川  仁
「カウンセリングルーム こころ音 カウンセラー」
◇社団法人日本心理療法協会 認定 心理カウンセラー1級
◇横浜実践心理学教室 講師 
元引きこもりのカウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い。
心に雨が降ったら読むセラピー
■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると嬉しいです(^-^)
心理学 ブログランキングへ

関連記事

コメントは利用できません。

 LINK