カウンセリングルーム こころ音|親子問題、恋愛、失恋、グリーフケア|千葉・西船橋 女性専門

menu

女性専門 カウンセリングルーム こころ音

振られて傷ついた心が教えてくれること。

こんにちは。西船橋カウンセリング ルーム こころ音 野川です。

好きな人に振られて傷ついた。
そんな経験をすると、なんであんなこと言われたんだろう?
とか、なぜ自分がこんなこと言われないといけなかったの・・・。

なんて思いがなかなか抜けずに、胸が苦しくて、締め付けられて
とっても痛くて、涙が止まらない。そんな時がありますよね。

傷つけられたということは、「本当は大切に扱って欲しかった。」
そんな気持ちがあなたの中にあるということです。

それは、あなたの存在そのものかもしれないし、
あなたの大切にしている信念や価値観や
あなたが大切にしていた、大切にしたかったものかもしれない。
その人との大切な将来かもしれない。

傷が深いほど、大事にしたかったのです。
でも、出来なかったし、大切にされなかった。
そう感じたからこそ、自分のこころが痛がっているのです。

その痛みにこころは怒ったり、悲しんだりするのです。

その胸の痛みやこころの痛みは、あなたがそれほど大切にしたかったものを教えてくれます。

だから、「そんなに大事にしたかったんだね。そうだよね。大切だったんだもんね。」

「でも、大丈夫、ずっと私がついている。私はずっと一緒にいるから。」

そう胸の苦しみ声を掛けてあげてください。

苦しんでいるのは、痛がっているのはあなたそのものではなくて、
あなたの一部分なんですから。

野川  仁
「カウンセリングルーム こころ音 カウンセラー」
◇社団法人日本心理療法協会 認定 心理カウンセラー1級
◇横浜実践心理学教室 講師 
元引きこもりのカウンセラー。現在はカウンセリングをしつつ、講師としも、毎週(土)講義を行ってる。 目指すは、「記憶に残らないカウンセラー」。カウンセラーのおかげより、自分の力で前に進めた実感を持ってほしい。ただ、理想への道のりは長い。
心に雨が降ったら読むセラピー
■ブログランキングに参加しています!
ポチっと押して頂けると嬉しいです(^-^)
心理学 ブログランキングへ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 LINK

横浜実践心理学教室

グリーフケアカウンセリング